ヒンズー教の葬儀を行う場合、事前にヒンズー教の葬儀に関する基本知識を知っておくことで、葬儀への対応にスムーズに対処できます。

ヒンズー教の葬儀は火葬が一般的なため、日本でも対応してもらいやすい宗教の葬儀でもあります。

そこで、ヒンズー教の葬儀についての基本知識を踏まえた上で、おすすめの葬儀社についてご紹介します。

ヒンズー教の葬儀ってどんなもの?


ヒンズー教は、インドやネパールに普及している宗教です。ヒンズー教徒が亡くなると火葬にされるのが一般的になっています。火葬後の遺骨は、ヒンズー教で聖なる河とされているガンジス河に流されます。

つまり、火葬後に散骨をするのがヒンズー教の葬儀の一般的な流れとなります。そのためヒンズー教の地域では、お墓を見かけることが少ないのが特徴的です。

ヒンズー教の葬儀で押さえておくべきポイント


ヒンズー教の葬儀に参列する際は以下のポイントを押さえておくことで、葬儀の際のトラブルを防ぐことができます。

ヒンズー教の葬儀は日数がかかる

正式なヒンズー教の葬儀は、日本のように火葬炉の施設はなく、レンガ造りの火葬場で遺体を火葬した後に、4日経ってから遺骨を拾いに行きます。4日待つのは遺骨の熱を冷ますためです。

遺族は遺骨を持ってお寺へ行って供養してもらい、骨壷は親族の長男がガンジス河に流します。ここまでの葬儀の流れで2週間から4週間はかかるのが一般的です。

もしヒンズー教の葬儀に参列することになったら、仕事や予定がある人は1か月程度は休暇を取る必要があることを知識として知っておく必要があります。

故人の死は運命と考えている

日本人は人の死は不幸や悲しみと捉える考え方が多いのですが、ヒンズー教徒は人の死は悲しみでもありますが、いずれ来る運命としても捉えています。

ヒンズー教徒は、出生日から占星術でその人の死を大体予想する習慣があり、自分がいつ亡くなるかということを日本人より意識しています。

そのため、死に直面するときも「来るべきときが来た」という気持ちで死を迎えることができます。

ヒンズー教の葬儀に参列する際は、ヒンズー教徒の死生観は日本人の観念とは異なる面があることを知識として知っておくのが無難です。

ガンジス河・葬儀場でのマナーについて

ガンジス河は外国人の観光スポットでもあり、特にバラナシという街は名所として有名です。

しかし、バラナシはインド人にとっては火葬場や遺体を安置する場所でもあります。

観光や葬儀の参列としてインドを訪れる際は火葬場を写真撮影することはマナー違反のため、撮影しないようご注意ください。

地域によって葬儀方法が異なる

ヒンズー教の葬儀は地域によって若干異なりがあります。

例えば南インドでは故人をきれいな籠に乗せて行列を作り、花びらを撒いたり爆竹を鳴らすなどお祭りのような葬儀をする地域があります。これは故人が大往生を遂げたことを祝う気持ちを示しています。

ヒンズー教の葬儀といってもさまざまな葬儀の方法があるので、葬儀に参列する際は故人の出身地を知っておくことで、その土地の習慣に合った服装やマナー、心がけの準備ができます

服装・香典について

日本では黒い喪服を着て葬儀に参列しますが、ヒンズー教の葬儀では白色の喪服を着るのが基本です。男性はクルターシャツという白いシャツを着用し、女性は白いサリーを着用します。

ヒンズー教の喪服が用意できない場合は、喪服は着用せず白いシャツを着て行くか、心配であれば喪主にどのような服装で行けば良いか相談しましょう。

また、ヒンズー教の葬儀では香典はないので、香典を遺族に渡しても断られる可能性があります。

どうしても香典を渡したい場合は、封筒に香典でなく御花代と書いて、「これでお供えする花を買ってください」というように言葉を添えて渡すと受け取ってもらいやすくなります。

ヒンズー教の葬儀での場合の葬儀社の選び方


ヒンズー教の葬儀のポイントについてご説明しましたが、ヒンズー教の葬儀に関する基礎知識を知った上で、後悔しない葬儀社の選び方のポイントについてもご説明します。

対応してくれる業者を選ぶのが大前提

日本の葬儀社ではヒンズー教の葬儀の知識やプランを扱っている葬儀社は限られています。

そのためヒンズー教の葬儀を日本で行う場合は、事前にヒンズー教または外国式の葬儀の対応を受け付けている葬儀社を探すことで葬儀の手配がスムーズに進めやすくなります。

そのうえで押さえておきたい事項

ヒンズー教の葬儀を葬儀社に依頼する場合、まずはヒンズー教の葬儀を受け付けている葬儀社を探し、見積もりを取ってもらう必要があります。

見積もり明細が細かく記入されている葬儀社を選んだ方が、良心的なサービスを提供している葬儀社といえます。

さらに万が一のときのために24時間・365日の対応や相談を受け付けている葬儀社を選んでおくことで、慌てずスムーズに葬儀の準備を進めることができます。

また、葬儀後は片付けや葬儀に参列できなかった弔問の対応など何かと忙しい状態が続いたり、気持ちの整理が付かないこともあるので、支払いに猶予を持ってくれる葬儀社を選ぶことをおすすめします。

評判のいい業者を選ぶだけでは不十分

葬儀は評判のある葬儀社を選べば失敗がないと思われるかもしれません。ただし、葬儀社の評価は遺族の価値観や考え方によっても、その内容は異なってきます。

日本で行う葬儀でもなるべくヒンズー教の決まりに従った葬儀がしたい、火葬後の散骨にも対応してくれる葬儀社など、遺族や故人の希望があるならば、既定のプランに沿った葬儀でなく、その希望を優先してくれる葬儀社を選ぶことが大切です。

ベストな葬儀社を見つけるには?

比較してみても、口コミの情報は人によってさまざまですし、結局自分が一番いいと思える葬儀社を見つけるのは困難ではないでしょうか。

勿論価格だけなら比較はできますが、費用だけで選んで後悔したという例も数多く聞きますし、特に時間がない中で色々な業者に連絡するのは現実的ではありません。

そんな中でおススメしたいのが、葬儀社一括見積り業者になります。

ヒンズー教のおススメ葬儀社ランキング

葬儀社を選ぶ上でのポイントについてご説明したところで、ヒンズー教の葬儀に関する見積もりがしやすい葬儀社をご紹介します。

1位:アイミツ葬儀

いくつかある葬儀社一括見積りの中で最もおススメなのが、アイミツ葬儀です。

アイミツ葬儀のいいところは自分のニーズに合致する葬儀社も急な対応が必要な場合、いずれにも対応できるどころです。

  • 24時間365日、全ての時間帯で電話がつながりやすい
  • 一括見積りが無料、1分間で可能
  • 価格帯の安い葬儀社に強み

10万円台の自宅葬プラン、30万円台の家族葬プランといった、格安葬儀だけでなく、親身になって対応してくれる優良葬儀社まで1回の見積りで最大5社まで紹介してくれるのが強みです。

アイミツ葬儀で見積もりをすることによって、ヒンズー教の葬儀プランが他者の見積もり業者より10~20万円ダウンする場合もあります。

>>アイミツ葬儀での見積りはこちら

2位:いい葬儀


2位には「いい葬儀」を選びました。

「いい葬儀」では葬儀、仏壇など供養に関するサービスを扱っています。

急な葬儀への対応あり、24時間無料の電話相談サービス受付など、臨機応変に対応できるサービス性が評価され、信頼性のある葬儀社として定評があります。

外国式葬儀の予約ができる、火葬後に散骨ができる葬儀社というように、遺族の葬儀への希望に合わせて、葬儀社を探すことができます。

インターネット、スマートフォンからお住まいの地域、路線に近い場所での葬儀プランを検索できます。

また、サービスの歴史が一番古く、紹介実績が一番多いので、安心して申し込むことが可能です

詳細な地理条件、葬儀社・斎場、特色・こだわり、葬儀の形態、宗教など多数の条件から葬儀社を探すことができます。ですので、ヒンズー教の葬儀に対応できる葬儀社を見つけることは可能です。

  • 早朝深夜でも電話で問い合わせが可能
  • 取り扱い数が多いため、顧客のニーズにあった葬儀社を選択可能
  • 特に急な依頼や遠方(海外含む)で急な逝去の場合でも安心

とはいえ、急に対応が必要な場合はどうしても焦ってしまうので、事態が想定される場合には早めに見積もりをしておくことをおススメします。

>>いい葬儀での見積りはコチラ

3位:葬儀レビ


3位には葬儀レビを選択しました。3位ですが、1位のアイミツ葬儀や2位のいい葬儀と比べてサービスにほぼ遜色はありません。

葬儀レビは、最短3分で葬儀の一括見積もりができるサービスが評判となっています。日本最大級の葬儀場に関する情報を有しており、全国地図からお住まい近くの斎場、葬儀場の検索も可能です。

日本で行うヒンズー教の葬儀の相場料金が分からない、複数の葬儀社を比較して決めたいという相談にも無料で乗ってくれます。

葬儀費用にお困りの方のために、自宅葬、家族葬など格安の葬儀プランを提案してくれています。

最短で複数の葬儀社の見積もりがしたい方、格安の葬儀プランを検討したい方におすすめの葬儀社です。

更には、NHK等、多数のメディアにも取り上げられた知名度の高い業者でもあるのと同時に、そのサービス内容にも定評があります。

  • 最短3分で、希望の地理条件に合った葬儀社を最大10社探すことが可能
  • 葬儀費用の全国平均が19万円安い(一般葬の場合、全国平均は137万円、葬儀レビの場合は、118万円)
  • 全国400社から顧客のニーズにあった葬儀社の選択が可能

急な対応も可能ですが、どちらかという一括見積りの方に定評があります。ヒンズー教の葬儀に対応できる葬儀社をじっくり選びたい場合は、葬儀レビを選択することをおすすめします。

>>葬儀レビでの見積りはこちらから

まとめ

ヒンズー教の葬儀に参列する際のポイントとおすすめの葬儀社についてご紹介しました。

ヒンズー教の葬儀を日本で行う場合は、事前に外国式の葬儀に対応してくれる葬儀社を探し、見積もりを取っておくことでスムーズに葬儀を進めやすくなります。

ヒンズー教教の葬儀を受け付けてくれる葬儀社を選ぶ際は、日本の葬儀だけでなくヒンズー教の葬儀についても知識がある葬儀社を選ぶのがおすすめです。

ヒンズー教の葬儀に詳しい葬儀社を選んだ方が、なるべくヒンズー教の葬儀に沿った形の葬儀プランを提供してもらえます。

>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら