火葬は現在日本で主流となっている葬儀のため、一度でも葬儀に参列した経験があれば、知らない人はいないと思います。

ただし、葬儀社によっても火葬に関するプランの内容が若干異なっているため、希望に合った葬儀社を選ぶことが大切です。

そこで、火葬についての基本知識を踏まえた上で、おすすめの葬儀社についてご紹介します。

火葬ってどんなもの?


火葬とは故人の遺体を焼却することで、荼毘に付すともいいます。日本に仏教が伝わったのと同時に火葬が日本にも広まったといわれていますが、明治にはいったん禁止されていました。

ただし、衛生面の理由から火葬の禁止令が解かれ、現在日本では99%の割合で火葬が行われるようになっています。

火葬で押さえておくべきポイント


火葬式をする際は以下のポイントを押さえておくことで、葬儀の際のトラブルを防ぐことができます。

棺に納める物に注意する

火葬の場合、花束や故人が大切にしていた物を棺の中に入れて一緒に火葬することがあります。棺の中に入れる物は副葬品といいますが、副葬品には入れてはいけない物があるので注意が必要です。

具体的に禁止されている副葬品は、金属、ガラス、プラスチック、紙が含まれる物です。これらは棺の中で不完全燃焼するおそれがあり、火葬場設備の故障の原因になる可能性があります。

禁止されている副葬品については火葬場によっても若干異なるので、不安な場合は火葬場の職員に尋ねておく必要があります。

火葬場に同行できるのは近親者のみ

火葬の場合、葬儀が終わればそのまま火葬場へ行くことになります。ただし火葬場へ同行できるのは、故人の近親者や縁の深かった人のみが一般的です。

それ以外の関係者が火葬場に同行したい場合は、自分から遺族に同行したいことを申し出る必要があります。反対に遺族の方から同行を申し出られたときは、予定の都合が悪い場合は理由を説明して断れば失礼には当たらないとされています。

火葬許可証を交付申請する

親族が死亡して火葬にする場合は、死亡を知った日から7日以内に役所に死亡届を提出する義務があります。(ただし、海外で死亡した場合は3か月以内に延長されます。)

役所に死亡届を提出すると、火葬許可証をもらうことができます。

この手続きは既に葬儀社を決めており、火葬の依頼をしている場合は葬儀社が行ってくれることがほとんどです。葬儀社に何も依頼していない状態の場合は、遺族が期限内に手続きを行う必要があります。

火葬許可証がなければ遺体を火葬したり、墓地に埋葬する許可が折りませんので、必ず交付を申請し、大切に保管するようにしてください。火葬許可証は、火葬の当日に火葬場の職員に提出します。

火葬許可証と埋葬許可証は同じ書類

日本の法律では、遺体の火葬~墓地への埋葬までの行為を火葬と定めています。
そのため、火葬許可証があれば埋葬許可証としても書類は使えるので、墓地への埋葬が終わるまで火葬許可証は大切に保管してください。

また、地域によっては埋火葬許可証というものがありますが、これは土葬が許可されている地域のみで交付される書類です。したがって、埋火葬許可証が交付された場合は、火葬および土葬をしても良いという許可が下りたことになります。

火葬の場合の葬儀社の選び方


火葬式のポイントについてご説明しましたが、火葬に関する基礎知識を知った上で、後悔しない葬儀社の選び方のポイントについてもご説明します。

対応してくれる業者を選ぶのが大前提

日本では火葬が一般的となっているため、大手葬儀社から中小の葬儀社まで火葬は受け付けています。そのため、火葬の際になるべく遺族の希望に応えてくれるような葬儀社を選ぶのがおすすめです。

そのうえで押さえておきたい事項

火葬の葬儀を行う上で葬儀社を選ぶときは、対応が丁寧な葬儀社を選ぶことが大切です。葬儀社の丁寧さを見極めるポイントは、火葬の見積もり明細が詳細に記されているかどうかです。

火葬に関わる基本的な料金やオプション料金まで、見積もりの時点で明確に提示できる葬儀社は、良心的なサービスを提供している会社が多くなっています。

また、万が一のときのために24時間・365日の対応や相談を受け付けている葬儀社を選んだ方が、慌てずスムーズに葬儀の準備を進めることができます。

そして葬儀の支払いに関しては、期日に余裕のある葬儀社を選ぶのがポイントです。葬儀の後もしばらくは何かと忙しい状態が続いたり、気持ちの整理が付かないこともあるので、支払いに猶予を持ってくれる葬儀社を選ぶことをおすすめします。

評判のいい業者を選ぶだけでは不十分

葬儀は評判のある葬儀社を選べば失敗がないと思われるかもしれません。ただし、葬儀社の評価は遺族の価値観や考え方によっても、その内容は異なってきます。

サービスが少なくても安いプランが良い、こだわりのある葬儀にしたいというように、遺族や故人の希望があるならば、既定のプランに沿った葬儀でなく、その希望を優先してくれる葬儀社を選ぶことが大切です。

ベストな葬儀社を見つけるには?

比較してみても、口コミの情報は人によってさまざまですし、結局自分が一番いいと思える葬儀社を見つけるのは困難ではないでしょうか。

勿論価格だけなら比較はできますが、費用だけで選んで後悔したという例も数多く聞きますし、特に時間がない中で色々な業者に連絡するのは現実的ではありません。

そんな中でおススメしたいのが、葬儀社一括見積り業者になります。

火葬におススメ葬儀社ランキング

葬儀社を選ぶ上でのポイントについてご説明したところで、火葬に関する見積もりがしやすい葬儀社をご紹介します。

1位:アイミツ葬儀

いくつかある葬儀社一括見積りの中で最もおススメなのが、アイミツ葬儀です。

アイミツ葬儀のいいところは自分のニーズに合致する葬儀社も急な対応が必要な場合、いずれにも対応できるどころです。

  • 24時間365日、全ての時間帯で電話がつながりやすい
  • 一括見積りが無料、1分間で可能
  • 価格帯の安い葬儀社に強み

10万円台の直葬プラン、30万円台の家族葬プランといった、格安葬儀だけでなく、親身になって対応してくれる優良葬儀社まで1回の見積りで最大5社まで紹介してくれるのが強みです。

アイミツ葬儀で見積もりをすることによって、直葬、家族葬などの火葬プランが他者の見積もり業者より10~20万円ダウンする場合もあります。

>>アイミツ葬儀での見積りはこちら

2位:いい葬儀


2位には「いい葬儀」を選びました。

「いい葬儀」では葬儀、仏壇など供養に関するサービスを扱っています。

急な葬儀への対応あり、24時間無料の電話相談サービス受付など、臨機応変に対応できるサービス性が評価され、信頼性のある葬儀社として定評があります。

火葬場併設の斎場で葬儀をしたい、火葬後に散骨ができるというように、遺族の葬儀への要望に合わせて、葬儀社を探すことができます。

インターネット、スマートフォンからお住まいの地域、路線に近い場所での葬儀プランを検索できます。

また、サービスの歴史が一番古く、紹介実績が一番多いので、安心して申し込むことが可能です。

詳細な地理条件、葬儀社・斎場、特色・こだわり、葬儀の形態、宗教など多数の条件から葬儀社を探すことができます。ですので、火葬に対応できる葬儀社を見つけることは可能です。

  • 早朝深夜でも電話で問い合わせが可能
  • 取り扱い数が多いため、顧客のニーズにあった葬儀社を選択可能
  • 特に急な依頼や遠方(海外含む)で急な逝去の場合でも安心

とはいえ、急に対応が必要な場合はどうしても焦ってしまうので、事態が想定される場合には早めに見積もりをしておくことをおススメします。

>>いい葬儀での見積りはコチラ

3位:葬儀レビ

3位には葬儀レビを選択しました。3位ですが、1位のアイミツ葬儀や2位のいい葬儀と比べてサービスにほぼ遜色はありません。

葬儀レビは、最短3分で葬儀の一括見積もりができるサービスが評判となっています。日本最大級の葬儀場に関する情報を有しており、全国地図からお住まい近くの斎場、火葬場の検索も可能です。

葬儀の相場料金が分からない、複数の葬儀社を比較して決めたいという相談にも無料で乗ってくれます。

葬儀費用にお困りの方のために、一日葬、家族葬など格安の火葬プランを提案してくれています。

最短で複数の葬儀社の見積もりがしたい方、格安の葬儀プランを検討したい方におすすめの葬儀社です。

更には、NHK等、多数のメディアにも取り上げられた知名度の高い業者でもあるのと同時に、そのサービス内容にも定評があります。

  • 最短3分で、希望の地理条件に合った葬儀社を最大10社探すことが可能
  • 葬儀費用の全国平均が19万円安い(一般葬の場合、全国平均は137万円、葬儀レビの場合は、118万円)
  • 全国400社から顧客のニーズにあった葬儀社の選択が可能

急な対応も可能ですが、どちらかという一括見積りの方に定評があります。様々な火葬プランに対応できる葬儀社をじっくり選びたい場合は、葬儀レビを選択することをおすすめします。

>>葬儀レビでの見積りはこちらから

まとめ

火葬式を行う際のポイントとおすすめの葬儀社についてご紹介しました。火葬式は一般的な葬式のため、ほとんどの葬儀社で受け付けられています。

ただし火葬式プランの内容は葬儀社によっても若干異なるため、複数の葬儀社のパンフレットを請求し、見積もりをすることが大切です。

>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら