>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら

木魚について考えたことはありますか?

木魚とはお坊さんが使う道具のことです。
ばちを使ってお経を読んでいる最中に音を鳴らします。

音を鳴らしながらリズムをとっていくのですが、なぜ木魚を使うのかというと、目的としてはお経をよんでいるとだんだん眠くなってきてしまうので、その眠気を払うために使うと言われています。

木魚は魚の形があしらわれているのですが、なぜ魚の柄があしらわれているかといいますと、魚は眠い時でも目は閉じませんよね?

昔は魚は眠らない生き物と言われていました。

また、魚に見習って眠気を払おうという意味が込められています。

最近は、ご自宅に仏壇がなく木魚が身近にないという方が増えているようです。

こういったことに触れることで仏教について勉強になると思いこのようなお話をさせていただきました。

>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら