葬儀の形式で最近は家族葬にするという人が増えていますが、家族葬と同様に増えているのが密葬です。

葬式は一生のうちに何度も行うものではないので、密葬と家族層の違いが分からないという方もいると思います。

そこで密葬の内容について詳しくご説明し、おすすめの葬儀社をいくつかご紹介します。

密葬ってどんなもの?


密葬とは、本葬の前に故人を荼毘に伏す葬儀形式のことです。生前多くの人と関わりがあった故人の場合、多くの参列者が葬儀に訪れるのが予想されます。参列者の人数が多ければ、それだけ本葬までの準備に時間がかかります。

そのため本葬の準備が整う事前に故人を荼毘に伏して、その後は遺骨を前に本葬を行います。

密葬で押さえておくべきポイント


密葬で葬儀を行う際には、以下のポイントを押さえておくことで、葬儀に関するトラブルを防ぐことができます。

密葬の正しい形式を知っておく

密葬の本来の形式は先ほどご説明したように、後で本葬を行うことを前提としていますが、葬儀社によっては直葬や家族葬の形式も密葬としてプランを提供していることもあります。

本来の密葬と実際に行う葬儀のイメージが違かったということにならないためにも、葬儀社を比較する際はプランの具体的な内容まで知っておくことが大切です。

密葬=直葬ではないことを知っておく

葬儀の形式でよく混同されがちなのが、密葬と直葬です。密葬と直葬は同じものだと考えている人が多いのですが、正式には密葬と直葬の形式は異なります。

密葬は火葬の後に本葬を行いますが、直葬は火葬だけを行い埋葬する葬儀のことです。

葬儀社によっては密葬プランとして提示されていても、実際の内容は直葬になっている場合もあるので、プランを確認する際には事前にしっかり注意してください。

密葬を行うことを理解してもらう

密葬は、本葬の際には遺骨を前に故人の冥福をお祈りすることになります。火葬にする前に故人の顔を見ておきたかったということが起こらないように、故人の身内や交流があった人には、密葬することをきちんと伝えておくことが必要です。

密葬後には本葬の案内状を送る

正式な密葬の後には本葬があるので、近親者以外の一般会葬者に宛てて本葬の案内状を出す必要があります。
本葬の案内状に関しては、以下の情報を記入します。

・故人の訃報
・密葬で葬儀を済ませたこと
・訃報の連絡が遅れたお詫び
・本葬に参列してほしいこと
・本葬の日時、場所、服装について

以上の点について記入されているのが、一般的な密葬後の案内状になります。

密葬後に弔問客が訪れる可能性を考えておく

事前に密葬を行うことを近親者に伝えても、故人にしか分からない交流の深かった人が存在することもあります。そのような人が故人が密葬されたことを後から知り、自宅に弔問に訪れる可能性もあります。

特に密葬と本葬がセットになっている場合にそういった事例が見られるので、密葬後に弔問客が訪れることを想定しておくことも大切です。

密葬の場合の葬儀社の選び方


密葬する際のポイントについていくつかご説明しましたが、密葬のポイントを踏まえた上で、以下のような葬儀社を選ぶのがおすすめです。

対応してくれる業者を選ぶのが大前提

葬儀社によっては、密葬プランを取り扱っていない場合もあります。特に大手の葬儀社は大規模な葬儀を中心としたプランを扱っているため、密葬したいと言っても、一般葬を勧められるケースもあります。

密葬の場合は中規模葬儀社や小規模葬儀社の方が、故人や遺族の希望に沿った葬儀を行ってくれるメリットがあります。

そのうえで押さえておきたい事項

密葬を行う場合は、具体的な密葬のプランを教えてくれる葬儀社を選ぶのがおすすめです。密葬の内容や料金が詳しく掲載されているパンフレットのある葬儀社は、あらかじめプランがしっかり決まっており、信頼できる葬儀社の目安となります。

また、密葬の見積もりをするときに対応が丁寧な葬儀社であるかもチェックしておきたい点です。葬儀社によっては密葬でなく別のプランを勧められることもあり、勧誘が強引である葬儀社は避けた方が無難です。

こちらの要望にも耳を傾け、見積もりの明細もきちんと提示してくれる葬儀社を選ぶのがポイントになります。

評判のいい業者を選ぶだけでは不十分

葬儀社を比較するときに、評判の良い葬儀社を選べば良いという考え方もありますが、葬儀の規模、形式などの希望は人によって異なるため、評判の良い葬儀社を選べば必ず希望通りの葬儀ができるとは限りません。

サービスが少ない分安いプランでも良い、盛大な葬儀を行いたいというように、それぞれの遺族によって希望は異なってくるため、評価自体の内容も異なります。そのため複数の葬儀社を比較した方が、希望に合った葬儀社を選びやすくなります。

ベストな葬儀社を見つけるには?

比較してみても、口コミの情報は人によってさまざまですし、結局自分が一番いいと思える葬儀社を見つけるのは困難ではないでしょうか。

勿論価格だけなら比較はできますが、費用だけで選んで後悔したという例も数多く聞きますし、特に時間がない中で色々な業者に連絡するのは現実的ではありません。

そんな中でおススメしたいのが、葬儀社一括見積り業者になります。

キリスト教の葬儀におススメ葬儀社ランキング

定額サービスや、葬儀仲介サービスで、キリスト教の葬儀を全国的に扱う、おススメの葬儀社をご紹介しましょう。

1位:アイミツ葬儀

いくつかある葬儀社一括見積りの中で最もおススメなのが、アイミツ葬儀です。

アイミツ葬儀のいいところは自分のニーズに合致する葬儀社も急な対応が必要な場合、いずれにも対応できるどころです。

  • 24時間365日、全ての時間帯で電話がつながりやすい
  • 一括見積りが無料、1分間で可能
  • 価格帯の安い葬儀社に強み

10万円台の直葬プラン、30万円台の家族葬プランといった、格安葬儀だけでなく、親身になって対応してくれる優良葬儀社まで1回の見積りで最大5社まで紹介してくれるのが強みです。

もちろん、密葬に対応できる葬儀社も探し出すことは可能です。

>>アイミツ葬儀での見積りはこちら

2位:いい葬儀

2位には「いい葬儀」を選びました。

「いい葬儀」では葬儀、仏壇など供養に関するサービスを扱っています。

急な葬儀への対応あり、24時間無料の電話相談サービス受付など、臨機応変に対応できるサービス性が評価され、信頼性のある葬儀社として定評があります。

老舗葬儀社を選ぶ、密葬がしたい、散骨ができるというように、遺族の葬儀への要望に合わせて、葬儀社を探すことができます。

インターネット、スマートフォンからお住まいの地域、路線に近い場所での葬儀プランを検索できます。

また、サービスの歴史が一番古く、紹介実績が一番多いので、安心して申し込むことが可能です。

詳細な地理条件、葬儀社・斎場、特色・こだわり、葬儀の形態、宗教など多数の条件から葬儀社を探すことができます。ですので、密葬に対応できる葬儀社を見つけることは可能です。

  • 早朝深夜でも電話で問い合わせが可能
  • 取り扱い数が多いため、顧客のニーズにあった葬儀社を選択可能
  • 特に急な依頼や遠方(海外含む)で急な逝去の場合でも安心

とはいえ、急に対応が必要な場合はどうしても焦ってしまうので、事態が想定される場合には早めに見積もりをしておくことをおススメします。

>>いい葬儀での見積りはコチラ

3位:葬儀レビ

3位には葬儀レビを選択しました。3位ですが、1位のアイミツ葬儀や2位のいい葬儀と比べてサービスにほぼ遜色はありません。

葬儀レビは、最短3分で葬儀の一括見積もりができるサービスが評判となっています。

葬儀の相場料金が分からない、複数の葬儀社を比較して決めたいという相談にも無料で乗ってくれます。

葬儀費用にお困りの方のために、一日葬、家族葬など格安の葬儀プランを提案してくれています。

最短で複数の葬儀社の見積もりがしたい方、格安の葬儀プランを検討したい方におすすめの葬儀社です。

更には、NHK等、多数のメディアにも取り上げられた知名度の高い業者でもあるのと同時に、そのサービス内容にも定評があります。

  • 最短3分で、希望の地理条件に合った葬儀社を最大10社探すことが可能
  • 葬儀費用の全国平均が19万円安い(一般葬の場合、全国平均は137万円、葬儀レビの場合は、118万円)
  • 全国400社から顧客のニーズにあった葬儀社の選択が可能

急な対応も可能ですが、どちらかという一括見積りの方に定評があります。密葬に対応できる葬儀社をじっくり選びたい場合は、葬儀レビを選択することをおすすめします。

>>葬儀レビでの見積りはこちらから

まとめ

密葬の形式は葬儀社によって異なるため、密葬のプランが具体的にどのような内容になっているのかが分かりやすい葬儀社を選ぶのがポイントです。

また、一社だけでなく複数の葬儀社で見積もりやプランの比較を検討することで、後悔しない葬儀社選びをすることができます。

>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら