日本で葬儀というとどうしても仏教式、神式のものを思い浮かべる人が多いかと思います。

一方で、キリスト教の方も多くおられます。

いまいち、キリスト教の葬儀を想像できない、想像できてもどこに頼めばいいかわからない。そんな人のためにキリスト教の葬儀を行うことができる葬儀社について紹介いたします。

キリスト教の葬儀ってどんなもの?

キリスト教の主流派は、カトリックとプロテスタントという2つがあり、それぞれに宗派が多くあります。また、主流派から離れた解釈を持った宗派も存在しています。ここではカトリックとプロテスタントを例にご紹介します。

カトリックの葬儀は神父が行い、プロテスタントは牧師が行います。

死に関する共通する考えは、故人は神(イエス・キリスト)のもとに召され、安らかになる。全てのことを神に委ね、感謝する、というのがキリスト教の葬儀の根底にあります。

讃美歌合唱、聖書の朗読、祈り、説教、献花などの流れがあります。

キリスト教の葬儀で押さえておくべきポイント

キリスト教の葬儀は、仏教とは全く違います。葬儀の方法、マナーも当然違います。注意点をご紹介しましょう。

だれでもキリスト教の葬儀ができるの?

前述のようにキリスト教は、大きくカトリックとプロテスタントに分かれます。カトリックには厳しい規定があり、所属するカトリック教会の教徒でないと葬儀は行えません。

一方、プロテスタントは、宗派やその教会の牧師の考え方にもよりますが、信者でなくとも葬儀を行える場合があります。つまり、仏教徒でも、故人が希望すればプロテスタントの葬儀を教会で行えます。

葬儀は教会で行うの?

カトリックの場合、故人の所属教会で行います。プロテスタントの場合は、普通は教会ですが、自宅、斎場等も可能です。故人が教会の信者であれば所属教会で行うのが普通です。

つまり、故人がキリスト教徒であり所属する教会があれば、葬儀社を通すことなく所属教会が葬儀を行う、ということです。

キリスト教葬儀の注意点は?

故人も家族もキリスト教信者で通っている教会があれば問題ありませんが、故人だけが信者で、家族は信者でない場合があります。また、故人が信者でないが、キリスト教の葬儀を希望する場合もあります。

故人も家族もキリスト教信者:所属する教会で直接葬儀を行います。

故人だけが信者:故人の所属する教会にお願いして、葬儀を行います。あるいは葬儀社を通します。

故人も家族もキリスト教信者でない:葬儀社を通すのが一般的ですが、地域にある教会に尋ねることもできます。

・マナー:香典、不祝儀袋、数珠は使いません。「お悔み」、「ご愁傷様」とうい言葉は使いません。

・費用:所属する教会で行う場合は、教会に対して献金を行います。葬儀社を通す場合は、葬儀社との取り決めの費用を払います。

キリスト教の葬儀での場合の葬儀社の選び方

前述のように、キリスト教の葬儀を葬儀社経由で行う場合、どうしたらよいでしょうか。

仏式と同じように、全国展開している大手葬儀社から、地域密着の小規模の葬儀社まであります。自分たちや故人の希望を踏まえ決めましょう。

対応してくれる業者を選ぶのが大前提

日本の葬儀の主流は、仏教です。故人も家族もキリスト教信者でないが、キリスト教の葬儀が行いたいという場合、それなりの理由があると思います。

その理由を明らかにしたうえで、対応してくれる業者を探しましょう。近所に教会があり、直接対応してくれることもあるでしょうが、キリスト教徒でなく、お付き合いも無い場合、直接交渉は敷居が高いでしょう。

そのうえで押さえておきたい事項

少なくともキリスト教の葬儀を行える業者を見つけました。ただ、それだけでは自分たちが納得する葬儀が行えるかは不十分です。次の点も考慮しましょう。

教会、葬儀施設の場所:参列者を含め、移動距離が短く、時間的な制約も少ない方が便利です。

自前の安置所や斎場を持っているか:一括して対応してもらえれば時間や費用も節約できます。

対応時間、丁寧さ:早朝、深夜、休日、年末・年始など、きちんと対応してもらえる葬儀社なのか、365日、24時間対応できるのかも考慮しましょう。

支払方法、支払時期:お見積の段階から、支払期日や方法を確認し、契約時に文書に残してもらいましょう。見積額よりも請求額が高い、という問題も起きています。また、最近ではクレジットカードでの支払が可能な葬儀社があります。急な出費に備え、チェックしましょう。

評判のいい業者を選ぶだけでは不十分

評判が良いというのは、業者を選ぶうえで参考になりますが、葬儀というのは、それぞれの希望や、考え方、価値観の違いから、ご自分にとってその評価が正しいのかは別問題です。

サービスが多少悪くても安い方が良い、多少高くてもすべてお任せが良い、など、最終的には、自分の希望を踏まえ、様々な比較と、業者との相談次第で、評価の中身は変わってきます。自分の優先順位と故人の希望があれば考慮し、慎重に比較、検討しましょう。

ベストな葬儀社を見つけるには?

比較してみても、口コミの情報は人によってさまざまですし、結局自分が一番いいと思える葬儀社を見つけるのは困難ではないでしょうか。

勿論価格だけなら比較はできますが、費用だけで選んで後悔したという例も数多く聞きますし、特に時間がない中で色々な業者に連絡するのは現実的ではありません。

そんな中でおススメしたいのが、葬儀社一括見積り業者になります。

キリスト教の葬儀におススメ葬儀社ランキング

定額サービスや、葬儀仲介サービスで、キリスト教の葬儀を全国的に扱う、おススメの葬儀社をご紹介しましょう。

1位:アイミツ葬儀

いくつかある葬儀社一括見積りの中で最もおススメなのが、アイミツ葬儀です。

アイミツ葬儀のいいところは自分のニーズに合致する葬儀社も急な対応が必要な場合、いずれにも対応できるどころです。

  • 24時間365日、全ての時間帯で電話がつながりやすい
  • 一括見積りが無料、1分間で可能
  • 価格帯の安い葬儀社に強み

10万円台の直葬プラン、30万円台の家族葬プランといった、格安葬儀だけでなく、親身になって対応してくれる優良葬儀社まで1回の見積りで最大5社まで紹介してくれるのが強みです。

もちろん、キリスト教の葬儀に対応できる葬儀社も探し出すことは可能です。

>>アイミツ葬儀での見積りはこちら

2位:いい葬儀

2位には「いい葬儀」を選びました。

サービスの歴史が一番古く、紹介実績が一番多いので、安心して申し込むことが可能です。

詳細な地理条件、葬儀社・斎場、特色・こだわり、葬儀の形態、宗教など多数の条件から葬儀社を探すことができます。ですので、キリスト教の葬儀社を見つけることは可能です。

  • 早朝深夜でも電話で問い合わせが可能
  • 取り扱い数が多いため、顧客のニーズにあった葬儀社を選択可能
  • 特に急な依頼や遠方(海外含む)で急な逝去の場合でも安心

とはいえ、急に対応が必要な場合はどうしても焦ってしまうので、事態が想定される場合には早めに見積もりをしておくことをおススメします。

>>いい葬儀での見積りはコチラ

3位:葬儀レビ

3位には葬儀レビを選択しました。3位ですが、1位のアイミツ葬儀や2位のいい葬儀と比べてサービスにほぼ遜色はありません。

NHK等、多数のメディアにも取り上げられた知名度の高い業者でもあるのと同時に、そのサービス内容にも定評があります。

  • 最短3分で、希望の地理条件に合った葬儀社を最大10社探すことが可能
  • 葬儀費用の全国平均が19万円安い(一般葬の場合、全国平均は137万円、葬儀レビの場合は、118万円)
  • 全国400社から顧客のニーズにあった葬儀社の選択が可能

急な対応も可能ですが、どちらかという一括見積りの方に定評があります。キリスト教に対応できる葬儀社をじっくり選びたい場合は、葬儀レビを選択することをおすすめします。

>>葬儀レビでの見積りはこちらから

まとめ

仏式の葬儀が一般的な日本で、キリスト教徒でない方が、キリスト教の葬儀を行いたいという場合、それなりの理由があるのだと思います。故人の遺言には無いが、家族がキリスト教の葬儀を行いたい、という場合もあるでしょう。

キリスト教の葬儀を教会で直接行う場合、仏式に比べ安いのですが、葬儀社を通した場合は、葬儀社次第です。

自分のニーズを満たす葬儀社を効率的に見つけることができる葬儀社一括見積り業者を利用することは、その近道になるのではないでしょうか。

>>本当にいい葬儀社とは何か?318人へのアンケート結果に基づいたランキングはこちら